a countryboy, a countrygirl

MP3ダウンロード、PVフル視聴、アルバムフル試聴サイトのリンク集+その他いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |
  4. Edit

2006/4/21 まめFile4 Ver.4.75正式版公開

AMA Soft

正式版キター!
もう、これがないと生きていけない私。
世にお洒落なファイラーは数あれど、使いやすさと軽さと多機能さと落ちにくさを兼ね備えた「まめFile4」が一番好み。

>まめFile4はWindows98/98SE/ME/NT4.0/2000/XP/2003に対応した、高機能なファイル管理ソフト(ファイラー)です。

>コンセプトとして、グラフィカルなインターフェイスを持ち、マウスでの操作はもちろん、自動補完などキーボード操作を補助する機能を多数取り入れ、私が使っているPentium 266MHzマシンでも軽快(なるべく(^^;)に動作をするように心がけて作成しております。

>機能は非常に多く、ファイルのコピーのごく一部だけを取り上げても、D&D、コピー&貼り付け、新しい時刻のみ上書き、古い時刻のみ上書き、同名ファイルはコピーしない、無条件で上書き、名前を変更してコピー、元ファイルの名前を変更、エクスプローラ互換バックグラウンドコピーなど(これでも半分も書いてません)、多彩な処理が行えます。

>他にも、テキスト/画像/Susieプラグイン/Wavファイル再生/圧縮ファイル閲覧/サムネイル表示/プレビュー表示などの各種ビューアを内蔵し、UNLHA32.DLLなどを利用して31種類の圧縮ファイル類をサポート対象としています。(Ver4.00リリース時点)

>また、高機能な割に見た目や操作方法はエクスプローラそっくりですので、ファイル管理ソフトって何?という初心者の方にも馴染みやすく、上級者向けにカスタマイズ機能が充実しています。

>視覚障碍者の方にも使用できるように気をつけて作成しています。 (AMA Softより)


作者さんがPentium 266MHzマシンを使ってる時点でかなりの好印象です。
機能の数もすごいことになってるんですが、使いこなせなくても無問題です。
探ればいろいろ出てくるってだけで、探らなければエクスプローラーと同じように扱えます。
エクスプローラーはファイルの移動やコピーや削除をしてるうちに死ぬほど重くなってくるのですが、まめFile4はそんなことは全然ないです。

さて、今回も変更点・更新個所が鬼のように多いです。

>Ver.4.75.0.0
・最新の情報に更新を全作り直してフォーカス保持のロジックをかなり変更した
 それに伴い、初期の一覧表示が5%ほど速くなったが、肝心の更新は速くなったり遅くなったりで微妙
・更新処理が変わったおかげで新しいファイルの色分け機能を追加
・同じく切り取ったアイテムの色分け表示する機能を追加
・リネームの画面の日時挿入機能の元となる日時を現在時刻固定から、現在時刻/作成時刻/更新時刻/アクセス時刻を選択可能にした
・リネーム/新規作成時の画面に曜日の挿入機能を追加
・アドレスバー履歴メニュー(移動/新しいウィンドウを開く)の表示機能を追加(キー割り当て or カスタムメニュー専用専用)
・コピーなどのファイルの出力先履歴メニュー(移動/新しいウィンドウを開く)の表示機能を追加(キー割り当て or カスタムメニュー専用専用)
・表示ファイル指定履歴メニューの表示機能コマンドを追加(キー割り当て or カスタムメニュー専用専用)
・拡張選択指定履歴メニューの表示機能コマンドを追加(キー割り当て or カスタムメニュー専用専用)
・機能優先コピー/移動の際にエラーが発生した場合、予約処理を全て中断するように仕様変更
・機能優先コピー/移動で、モードによって若干の高速化の改善
・機能優先コピー/移動で「逐次対処」を追加
・リストの内部データ構造を拡張して、表示可能アイテムが色々増えた
・ステータスバーの表示の合計サイズに単位を付与しない設定の追加
・ステータスバー表記を簡易/詳細と切り替える設定を追加
・プロセス間メッセージ駆動で新しいウィンドウを開くとき、パラメータなしで開く際にパス名を誤検出する不具合の修正
・常駐時にプロセス間メッセージ駆動でジャンプ依頼が来たとき、ウィンドウ番号0が閉じられている場合に表示されない不具合の修正
・キー割り当て専用のメニューにない項目の分類を見直した
・Script.dll、Brws.exe、SeekerのUNICODE化(Txv.exe、MArc.exe、MameTool4.exeは要望次第)
・実体を持つフォルダで日付の属性を持たないオブジェクトが存在する場合に日付順にすると、並び順が不定になることがある不具合の修正
・移動/検索ボタンにアイコンを描いてみた
・リスト検索で何も入力しないで実行すると履歴が消える不具合の修正
・BH32.DLL,YZ2.DLL,NOA32w.DLL,Dz32.dll,
Ha32.dll,UnPma32.dll用のコードを全部削除
・キー割り当て後に更新処理しても意味無いのでやめた
・リストの詳細表示のカラムの自動調整コマンドを、ツリーにフォーカスがあるときにも動作するように変更+高速化
・ファイル名をクリップボードにコピーに、相対パスで下位階層のファイル名をコピーを追加
・ファイル名をクリップボードにコピーで、パス区切り文字を「¥」「¥¥」「/」から選択する機能を追加
・キー割り当て専用機能に相対パスで下位階層のファイル名をコピーの追加
・検索結果画面のファイル名をクリップボードにコピーで、パス区切り文字を「¥」「¥¥」「/」から選択する機能を追加
・ランチャアイテムの詳細設定にアプリケーションの実行モードオプションの追加
・エディタ、バイナリエディタ、ユーザー定義コマンドを起動する際の実行モードオプションの追加
・暗号化属性の色分けを無効にする設定の追加
・ツリーで暗号化属性の色分けができていない不具合の修正
・TARの絶対パス格納が機能しないのでオプションを削除
・フォルダ設定で「背景画像」の設定を追加
・フォルダ設定で「フォルダを優先する」の設定を追加
・ドライブバーで、Ctrlを押下しながら選択するとカレントディレクトリで新しいウィンドウを開き、Shiftを押下しながら選択するとドライブルートに移動する機能を追加

Seeker
・ファイルを開くダイアログを使用した場合にOLE転送していたのをやめた

MArc
・書庫に対する関連づけに「全て展開」を追加し、既定に設定の動作を指定できるようにした
・新しくタブを追加する位置の設定機能の追加(現在のタブの前/後、末尾/先頭)
・選択数が多いときの警告設定の追加
・ツリーに対する遅延時間の設定
・ステータスバーの更新を本体と同様にタイマーによる遅延処理に変更
 (ただし、こっちはアイドル時にCPU負荷がかかる愚かな処理をしていた)
・スプリッタ分割をキーボードで行った場合、Enterで位置決定できない不具合の修正
・Zip書庫内でファイル削除する機能を追加
・ファイル名をクリップボードにコピーで、パス区切り文字を「¥」「¥¥」「/」から選択する機能を追加
・エディタ、バイナリエディタ、ユーザー定義コマンドを起動する際の実行モードオプションの追加の反映
・ツリーにフォーカスがある場合、ツリーからファイル名をクリップボードへコピーするように変更


一通り読みましたが、何のための機能か分からないものがほとんどだったりします。
多分使ってるうちに、あ、なんか便利になってる、ってパターンですよ。
問題のあった圧縮・解凍ライブラリのコードは削除されてしまったようですね。
使ってなかったのでどっちでもよかです。
スポンサーサイト

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/04/22(土) 03:06:00|
  2. ソフト
  3. | トラックバック:0|
  4. Edit



  トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kfromi.blog63.fc2.com/tb.php/59-7710019d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。